実践能力強化型チーム医療加速プログラム 九州大学医学部 保健学科

実践能力強化型チーム医療加速プログラム チーム医療に貢献でき、高い実践能力と指導能力を持った「診療放射線技師」「臨床検査技師」の養成

本プログラムの概要

本取組は、医療現場で求められている高度医療人材の養成とチーム医療の実現を加速させるために、医療技術者の養成を担う九州大学医学部保健学科と、学部生の臨地実習受入施設の臨地教授らが実践能力強化型チーム医療教育連絡会議を結成して連携を強化し、臨床側が求める学部教育と大学側が求める臨地実習指導者教育を検討して実施します。

学部教育では、他専攻や他学部他学科との合同教育により学生時代から職種間の相互理解を深めます。また、医療技術者による臨地実習前講義で最先端医療技術に関する教育内容の充実を図ります。さらに、学部生および医療技術者を対象に、業務拡大にも対応でき実践能力を身につけるためのシミュレーション等による各種トレーニングを実施し、新しい実践型教育を行います。

医療技術者に対しては、医療安全管理、危険予知、バイオリスクなどの卒後研修の提供に加え、臨地実習指導者講習会等を通して高い指導能力をもつ臨地実習指導者を養成し認定します。 人材交流では教育者と医療技術者双方のキャリア形成に寄与するとともに、実践力・教育力をもち研究力を向上させてチーム医療を推進できる人材を育成します。

教育プログラム

本取組では「実践能力強化型チーム医療教育連絡会議」を設置し、臨床側が求める学部教育と臨地実習指導者教育を検討して実施します。

学部学生向け情報

高度医療実践教育プログラム

詳しくはこちら

臨地実習指導者向け情報

医療技術向上・実習指導者教育研修プログラム

詳しくはこちら

実践能力強化型
チーム医療加速プログラム事務局

TEL 092-642-6750
kkoffice@hs.med.kyushu-u.ac.jp

ページの先頭へ